介護職員初任者研修の費用は講座によってこんなに違う

介護職員初任者研修は講座費用に大きな開き

介護職員初任者研修過程は受ける講座によって費用に大きな開きがあります。
安い講座では6万円から取得できるものがありますが、大手のニチイの講座では16万円以上のものもあります。
その価格差は10万円。
なぜこんなに費用に違いがあるのか?高い講座のメリット、安い講座のデメリットは何なのかを解説します。

 

高い講座メリット

高い講座といえば、ニチイの講座が有名です。
ニチイ場合、自社で運営している介護施設がたくさんある。というのが大きなメリットです。
資格取得後、そのままニチイの施設で働くことが出来るわけです。
就職には双方の条件があるので絶対に雇ってもらえる、というわけではないようですが
就職サポートの面で、小規模スクールよりも強みがあることは間違いありません。
また、修了生だけが使える就職情報サイトもあり、修了生の就職を後押ししてくれています。
誰もが知ってる大手という安心感もひとつのメリットかもしれません。

 

振替講座が受けやすいのもメリットです。
何かの都合で休んでしまった時のフォーローですね。
ニチイの場合受講生も多く、講座の開催数も多いんです。
例えば新宿第一教室では第一回目の授業月に3回開催れています。

 

カリキュラムを一つ休んでしまった場合も
あまり待たされることなく振替の講座を受けることができるわけです。

 

安い講座の注意点

安い講座を選ぶ時に一番注意しないといけないのは休んだ時のフォローです。
介護職員初任者研修はカリキュラムを一回でも逃したら修了することはできません。
もし休んでしまった場合、その講義だけを別の日に受ける必要があります。
安い講座の中でも休んだ場合のフォローがないものには特に注意してください。
”振替講座OK”とされているものでも開催数があまりにも少ないものには注意です。
先ほども書いたように受講生を多く抱える大手の講座は振替の講座を受けることも容易です。
安い講座の場合、臨時的に行われるものも多く、一度逃してしまうと次が数カ月後、ということもあります。
また、一ヶ月後開催される予定だったとしても、募集定員に満たなかった場合はまた先送りになる、ということも珍しくありません。
特に人口の少ない地方の場合、注意してください。

 

 

どちらも資格取得率に影響なし

安い講座でちゃんと資格が取れるの?
そんな心配はいりません。
旧ホームヘルパー2級からの制度変更で介護職員初任者研修に修了試験が採用されるようになりました。
修了試験の内容は公開されておらず、ちゃんと受かるのか心配の声も多くあります。
しかし、修了試験は今のところ難易度が低く設定されていて、おおよそ90%以上の合格率といわれています。
これは安い講座でも同じで、関係者によるとほぼ100%合格されています。とのこと。
修了試験は理解度の確認との位置づけのものですので合格率を心配する事はないでしょう。
ただ、何度も言っていますが、カリキュラムを一回でも休んだら資格は取れません。
修了試験の心配よりも全てのカリキュラムをちゃんとこなせるか?が重要になります。

 

 

まずは近くの講座を比較してみよう

講座費用で比較する前にあなたの近くでどんな講座が開かれているかをまずは、チェックしてみましょう。
介護職員初任者研修では近くの講座を選ぶのも大きなポイントです。
平日の全日クラスでもたいたい15日は通学する必要があるからです。
通学時間、交通費を考えても近くの講座を選ぶ事は大きなメリットとなります。
通える範囲の講座は資料請求するなどしてパンフレットをチェックされることをおすすめします。
パンフレットではWEBで公開されていない情報や問い合わせではなかなか伝わらない内容を知ることができ講座選びの参考になります。


このページの先頭へ戻る